商品先物取引比較情報:商品先物取引とは

先物取引は怖くない
先物取引とは、将来の一定の期日に、今の時点で取り決めた価格で特定の商品を取引する契約のことです。
簡単にいえば予約取引のことで、特に取引所で行われる予約取引のことをいいます

今日、個人投資家の間でオンラインによる株式取引が急速に普及してきたことにより、商品先物取引も最近急速に注目されています。

「先物って怖い。先物って危ない。先物ってハイリスク。」 インターネットが普及する前は、このような声をよく聞きました。確かに株式投資も商品先物取引ともに投資商品としてリスクのある商品です。しかし特に最近では外国為替FXも個人投資家の間で人気が急増。オンラインで自分の取引を管理しながら取引する事で昔よりずっと身近になり、リスク管理もしやすくなりました。

そこで、商品先物取引のリスクについて少し考えてみたいと思います。いうまでもなく、リスクとリターンは表裏一体であり、ローリスク・ハイリターンなどというおいしい話はありません。ですがその点だけでいうと、商品先物取引は手持ち資金の変動額が大きいのでリスクの高い商品となりますが、当然リターンとして儲かる可能性も大きい商品となります。

つまり資金をうまく管理することでリスクとリターンをコントロールすることができます。 資金管理といっても別段むずかしいことではなく普通に考えれば問題ありません。インターネットによる商品先物取引では、注文方法によってもリスクを管理することができるので、(例えば、ST[Stop Order]やSTL[Stop Limit Order]など)自動的に利益確定とロスカットができ、気がついたら損失が増大していたということを事前に防ぐことができます。

資金投資するときは余裕資金の10〜20%程度だけ投資するなど、相場がどのように変動しても耐えられるくらいの金額だけ投資し、損切りをはっきりすれば別に問題ありません。 このように、冷静に考えてみれば商品先物取引も別に怖い投資ではありません。