商品先物取引:手数料で選ぶ

最も重要なのはなんといっても取引コストを安く押えることで、非常に重要なことです。
商品先物取引はレバレッジを活用しているため、ちょっとした相場の小さな値動きで収支が大きく変わるため、比較的頻繁に利益確定や損失限定のための売買をすることになり、その都度取引手数料が発生します。
特に小さな値動きを狙う場足は手数料が高いのは致命的で、勝負で勝ったはいいものの手数料でマイナスということになりかねません。これは損を出す場合も同様です。取引に損はつきもの、どんな一流のトレーダーでも必ず損切りはしていますので手数料での判断は重要なことになります。

手数料で選ぶならココ!
サービス会社 手数料(片道) 日計り手数料
(往復)
デイトレ往復
岡地株式会社 410円 420円 50%
ドットコモディティ 450円 900円 有り
フジトミ (往復)787円 - 131円